Elementary 小学生英検・中学英語入試

main-elementary.jpg
text-elementary-nyuusi.jpg

In recent years, English classes have begun in elementary school. There are many private schools where English instruction begins even as early as first grade. Unlike infants whose language skills are still in the early stages of development, elementary school students usually first process the new English they learn through the context of Japanese language.

In our classes, we learn not only vocabulary, but phrases for day-to-day life that emphasize the natural sounds and rhythms of English. Rather than relying on rote memorization of spelling, we emphasize phonics instruction. By learning the "sounds of the alphabet", students learn to recognize and read those sounds in words. By master phonics, students also develop correct English pronunciation, which can be very helpful when studying for Eiken and other language exams.

Learning English in elementary school allows students to make the transition to English instruction in junior high with ease. The main advantage of learning English in elementary school is developing an "ear" for English sounds, which will aid listening and speaking skills in the future.

Learning English from a young age is very important, but to elementary students, play is also very important. In our classes, we use active and fun games to practice new vocabulary and sentence patterns. Through play and communicating with native speakers in class, children gain confidence and pride in their English skills.

Furthermore, giving children the opportunity to make friends with people from different cultures is very important for children to survive and thrive in the international community. Language is not something that can only be learning while sitting at a desk. When using a newly-learned word to communicate something to another person, and the idea is conveyed, that is the moment when the awareness of the meaning of that word becomes alive in the student's mind.

左脳の動きが強くなる小学生時代、幼児とは異なり日本語から英語への変換が始まります。英語の音とリズムに触れ、語彙のみでなく日常で使うフレーズも学習していきます。小学校の英語は無理なく中学へ繋げるためのものです。小学校までに英語を習う事の最大のメリットは、「英語の音・英語耳」が身に付くからです。当スクールでは、丸暗記のスペリング(文字書き)ではなく、フォニックスにも大変力を注いでおります。Aはア、Bはブ、Cはクという「アルファベットの音」がわかってくると、初めて見る単語も読めるようになってきます。フォニックスをマスターすることで、正しい発音が身に付き読む能力が強化されていきます。英語を読めるようになった子供達には、英検対策・中学英語入試の対策をおこなっております。

2020年からは公立の小学校で英語が教科になります。一般的に中学受験とは、国語・算数・理科・社会でしたが、最近は英語を受験科目にする私立中学が急増し、2018年は首都圏と近畿圏の約3割にあたる137校で英語入試が行われました。 英語入試は帰国子女を対象に行うものでありましたが、数年前から一般の子供達でも受験できる学校が増えてきたのが大きな傾向です。英語教育に力を入れている私立中学は、今後、入試に英語を課すところが増えていくことでしょう。このように近年の英語枠入試の急増にともない、「中学入試を考えるなら英語が必要」 になってくることは明らかです。英語が教科になるのですから、 公立中高一貫校でも英語入試が行われることが予想されます。

当スクールでは、小学生のうちに英検取得を目指し、国語・算数の勉強が本格化する前に、中学で学習する英語を小学生のうちに習得させております。今日習った語彙や文章で先生とお話ができた!という体験を通して、小学校の時期に英語を話して理解しあえる楽しさを知り、基礎的な文法をしっかりと学び、その積み重ねが英検・受験・そして将来の英語の土台となる基礎へと繋がると考えております。

英語は、国際社会で生き抜いていく子供たちにとってとても大切です。言葉は机の上だけでは学びきれないものです。覚えた単語を実際に使って相手に伝わった時、はじめて英語が言葉として生きてくるのではないでしょうか。

sm-lrc_superheroes_boy4_color.jpg

小学生カリキュラム

Greeting → ABC Writing Time → Review → Reading Time → Speaking Time → Grammar → Learning Game Time

e-6.jpg

今日のご挨拶

英語でご挨拶・今日学習する内容をお話し、自分から発言する訓練をします。自宅学習をしてきたテキストを確認します。
 

sm-122.jpg

発話の練習

学習した文章と語彙を使って発話の練習をします。新しく習った単語を使い文章を組み立てます。

20130607_164748.jpg

書く練習

学習した単語・文章を正確に書く練習をします。きちんと書けるまで繰り返し練習をします。

 

e-9.jpg

英検対策

英検を受ける子供達は、単語・文法・長文を書く対策を行います。自宅で学習する課題も多くなります。

e-8.jpg

復習

前回学んだ内容の復習をしながら宿題のチェック、間違いがないか見直します。

 

10.jpg

文法対策

中学で英語が得意になるよう、中学・高校で学ぶ基本的な文法の構成を学習します。

 

 

e-5.jpg

読む訓練

長文を読み、新しい語彙の理解を深めます。フォニックスを学ぶと、初めて見る語彙も読めるようになります。

8.jpg

ゲーム

最後はカードゲームを使って、その日に学習した語彙・文章を確認します。